来談者中心療法とは

CARL ROGERS (Illinois 1902 - 1987)

来談者中心療法(クライエント中心療法)とは、

カール・ロジャース(ロジャーズ、とも言う)が提唱した療法です。

 

来談者中心療法、ひいては「傾聴」は

すべてのカウンセリング技法の基本となる姿勢です。

最初に身に着けておきましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年1月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:心理療法の種類

このページの先頭へ