カウンセリングの限界


時に限界を迎え、、、笑

「限界だあ~」

 

カウンセリングにも限界があります。

限界を把握せずにカウンセリングが万能だと思っていると

クライエントの自立を補助できなくなってしまいます。

 

専門医との連携が大事

カウンセラーの間違ったイメージに書いたとおり、

カウンセラーは1人でなんでもできるわけではありません。

 

ときには専門医にクライエントを紹介したり、

専門医からクライエントを紹介されたりします。

 

専門医と二人三脚で薬とカウンセリングの両方を使い

クライエントの自立を補助することもあります。

 

むしろ、カウンセリングだけで解決できることのほうが

まれかもしれません。

 

協力できる専門医との関係づくりは日頃から必要です。

 

また、自分1人で難しいと感じたら

ベテランのカウンセラーにリファーします。

クライエントに紹介できる信頼のおけるカウンセラーを

見つけておくことも、カウンセラーの使命です。

 

自称カウンセラーによる問題

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月3日

カテゴリー:カウンセラーの基礎知識

このページの先頭へ