カウンセラーは具体的になにをするの?


猫の相談デスク -cat consultation service-

「それは大変でしたねぇ」

 

カウンセラーが行うのはカウンセリングです。

では、カウンセリングでは具体的にどんなことをするのでしょうか。

 

カウンセリングですること

カウンセリングでは、クライエントの話を聴きながら応答や質問、

ときには助言をしてクライエントの自立を目指します。

(助言をまったくしないこともあります)

 

端から見ると雑談に見えますが、

カウンセラーとクライエントの頭の中では

その一瞬一瞬で様々なことが考えられています。

 

カウンセラーはただ話を聴くだけではなく、

クライエントの悩みや思いを汲み取って的確な質問や心理テスト、

また、心理療法を用いてクライエントを補助します。

※導くのではなく、補助。

 

カウンセリングのスタイル

カウンセリングには対面で行うものと

電話やメールなど離れた場所で行うものがあります。

 

時間や場所の関係で足を運べない人は、

電話やメールでのカウンセリングを希望することが多いです。

 

しかし、電話やメールでのカウンセリングは

カウンセラーからすればクライエントの表情や姿勢などが見えず、

対面よりも難易度が高くなります。

 

したがって、クライエントは

対面に比べると電話やメールでのカウンセリングは

精密さが欠けることを理解しておきましょう。

 

カウンセラーは電話やメールでのカウンセリングでも

クライエントに満足してもらえるよう、日々努力しなくてはいけません。

 

カウンセラーができないこと

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月30日

カテゴリー:カウンセラーの基礎知識

このページの先頭へ