カウンセラーができないこと


ベルギーらしい。

「飲食禁止!」

 

カウンセリング中の飲食はもちろん、

カウンセラーができないことがあります。

 

カウンセラーはお医者さんじゃありません

カウンセラーは産業医などと違い、以下のことはできません。

  • 病気の診断
  • 薬の処方

 

カウンセリング中にクライエントが「鬱っぽいんです…」と言っても

カウンセラーは「鬱っぽいんですね…」としか言えません。

お医者さんではないので「鬱ですね」と診断はできないのです。

また、薬を出すこともできません。

カウンセラーの手段は話を聴くことです。

 

もし、クライエントを診断したほうがいいと判断したら、

専門医を紹介します。(これを「リファー」と言います)

専門医と連携することもカウンセラーの大事な仕事です。

 

ちなみに、カウンセラーは白衣を着ません。

お医者さんではないですからね。

 

カウンセラーの間違ったイメージ

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月1日

カテゴリー:カウンセラーの基礎知識

このページの先頭へ