カウンセリングルームの集客法


オープン初日、行列ができてます。

「ずら~っ」

 

カウンセリングルームを開いてもクライエントが来てくれなければ

意味がありませんね。

悩む人の力になりたくても、まったく力になれません。

 

カウンセリングルームにクライエントを呼ぶ方法

多くの人は悩みを持っていても、なかなか相談できません。

 

もし友人などに相談できたとしても、

カウンセラーの知識や技能を持たない人では

聞き役として適任ではありません。

助言や自分の意見を言ってしまうためです。

 

このように相談できる人がいない現代は

自宅に引きこもり一人で悩みがちですが、

そうした人でもインターネットをやります。

 

今や携帯電話やパソコンは生活に無くてはならないものになりました。

とくに、主婦や学生は1日中ケータイをいじる傾向が強いです。

 

ということは。

もし、インターネット上にあなたのカウンセリングルームの

広告を出せたとしたらどうでしょう?

しかも無料です。

 

この方法の詳細は、カウンセラーとして成功するにはで紹介した

竹内先生の音声CDを聞いてください。

 

竹内先生はインターネットをうまく使い、

自分のカウンセリングルームに多くのクライエントを呼んでいます。

 

暇な日が1日もないカウンセリングルームを持てば

カウンセラーとして食べていくことは可能ですね。

 

「クライエントが来ない…」と悩んでいるなら

今の時代に合った集客術でクライエントを集め、

多くの悩める人の力になりましょう。

 

あなたのカウンセリングを必要とする人は社会に溢れています。

少しでもあなたという存在を知ってもらうことが大切です。

 

ぜひ、クライエントの集客術に長けた竹内先生に学んでみてください。

参考:カウンセラーとして成功するには

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月13日

カテゴリー:カウンセラーになる方法

このページの先頭へ